冬の発酵器:実際の温度はかなり低くなりやすいので気を付けましょうね!

大阪 堺市 堺東 パン教室 ル・タン・ピュール 大切な人に贈りたくなる『プロの製法』を取入れた本格パン作りが学べるパン教室
こんばんは。
大阪・堺市・堺東
パン教室 ル・タン・ピュール の akikoです♪


今日はハナ君の『ヘルニア』の診察で
病院へ行ってきたのですが
お蔭さまで順調に回復をしてきた感じです!

また詳しくは後日かかせて
くださいね。
沢山の方にご心配いただきましたので
しっかりご報告させてください。


そして最近ハナ君を抱っこした時
ものすっごく重たいと思ったら

なんと体重が
1キロ増えておりました。。。
ステロイドの影響ですよ。

人間の1キロはささいかもしれないですが
ワンコの1キロはかなり大きいです(汗)

でもぽにょぽにょとして
とっても可愛いハナ君なのですよ^^
腰の負担もあるので
また少し体重を戻さないとダメですね!





+++


もう2月に入りましたが
2月のレッスンのメインは『クロワッサン』!

既に試作は終わっているのですが
あまりにも間が空くと
別の配合のレシピを試したくなるのですよね~
レストランでオーダー待ちの間に
ちょっと他に目移りしてしまうのと
多分同じ感じです。

そして今日はハナ君の病院から帰って
さっそく昨日仕込んだ生地で
折り込みをスタートしました。

室温は18℃以下に
しておきたいのでヒーターは
止めて作業をします。

そして二次発酵。

バターが溶けるので発酵器の
温度帯は30~32℃に設定します。

そしてタイマーを設定するのですが
発酵時間が過ぎても
思った通りに発酵が上がってないのですよね。


さては~!

と思って温度計を入れてみると

庫内の温度が20度を切っておりました。


前回の『デニッシュ食パン』のレッスン時も
ヒーターを止めての折り込みで
ホイロ(発酵器)の温度がなかなか
あがらなかったのですよね。


そして今回も少し長めに発酵をとって
目視で最終の状態を確認したのですが。。。


b0327153_19032380.jpg

少し小さいかな~

やっぱりボリュームが出てません。。。

ちょっと早く切り上げ過ぎた
感じですね(-_-)
更にすこし引っ張り過ぎ。
巻き目が多かったです(汗)


いままで室温が「高い」事ばかりに
気を取られてましたが
低すぎてもそれはそれで良くないですね。
15~18℃の間がベストです!

次回のクロワッサンレッスンでは、
ちょっと温度の下げ過ぎにも
気をつけながらレッスンをしようと思います。

何が大変ってとにかく
発酵器の温度があがらないのは
なかなか辛いです。。。


みなさんもこの時期
ホイロがあがらない(二次発酵)と思ったら
一度温度計を入れるなどの
確認をしてみてくださいね!

もし低かったら少し高めに
温度を設定するとかの工夫が必要になりす。


あと、冬はベンチタイムの生地を
暖かい場所に置いてあげたり
発酵器の中に入れてあげたり

とにかく冷やさないように気をつけて
あげてくださいね。

せっかく1次発酵で良い生地ができても
ベンチの間に生地温度が冷えたりすると
食パンなんかは綺麗に伸びてくれません。

パンは生き物なので
人間と同じで温度にデリケートなのです^^


自分が寒いとおもった場所は
パンも寒い。

自分が暑いと思った場所は
パンも暑い。



普段、生地温度までは測らないという方も
パンへの少しの気遣いで
今よりもっと良いパンが出来上がると思うので
少しだけ気にかけてあげてくださいね。


とりあえず来月のお教室は
冷えすぎに注意しようと思います。

あと配合は今日のもなかなか捨てがたく
も少しだけ迷わせてくださいね^^


<追加>
お教室の発酵器は2台あって、
1台はホームメイド協会のものをお友達にかってもらって置いてます。
今チラッとホームページを見ていたら、『寒冷地で温度が上がらない場合』という項目がありました。
ご参考にURL記載しておきます。


ランキング参加しております!
よろしければクリックで応援よろしく
お願いいたします♪

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへにほんブログ村 料理ブログ パン教室へ



∴ 只今募集中のレッスン

2月レッスン募集中です♪

↓↓↓



∴ ホームページ

下のフランスパンのバナーをクリックすると
ル・タン・ピュールのHPにジャンプします


↓↓↓

皆様のお越しを心よりお待ちしております♪
料理教室検索クスパ






第2回プラチナブロガーコンテスト



by hurebullhana | 2018-02-02 19:28 | パン作りのヒント | Comments(0)

『パン作りの楽しさ』をたくさんの人に伝えて、多くの女性の日常がイキイキと笑顔で輝くお手伝いをしていきたいと思います!


by akiko