人気ブログランキング |
NEW POST

お家でバゲットが上手く焼けない方へ! ~ 失敗の原因を見つける近道 ~

大阪 堺市 堺東 パン教室 ル・タン・ピュール 大切な人に贈りたくなる『プロの製法』を取入れた本格パン作りが学べるパン教室
こんばんは♪
大阪・堺市・堺東
パン教室 Le temps pur - ル・タン・ピュール - の akikoです

まずはレッスンの日程から失礼します。。。

11月28日(火)
10時 START

・フランスパン
ベーコンチーズのジューシーエピ


のレッスンですが
急きょ2名様のキャンセルがでましたので
ご報告させていただきます。

バゲット作りにチャレンジしてみたい方は
ぜひお気軽にお越しくださいね♪

※お申込詳細 ⇒ ★★★


+++


昨日のレッスンでは
先月が初めてのレッスンで
今回が3回目のお越しとなるMさまと

もう1名!

ずっと前からブログを読んでくださって
今回思い切ってついにレッスンに
お申込をしてくださったという
奈良県からお越しくださったTさま^^

ずっと前からブログを読んでくださってたようで
お会いできてとても嬉しかったです!
そんな事を言われると
一気に距離が縮まってしまいますね♪


遠い所からお越しくだって
ありがとうございました!


b0327153_14391609.jpg

真剣にクープを入れるお二人


そしてこの日焼きあがったパン達♪


b0327153_14405517.jpg

素敵ですね♡

「いつもは平べったいバゲットになっちゃう!」
とおっしゃっていたTさまも
今回もとても素敵パンを焼かれましたよ♪
私も嬉しい^^

お二人とも、また12月、
お会いするのを楽しみにお待ちしてますね。



そして今回の本題!

お家でバゲットが上手に焼けない時の
原因となるポイントを見つける近道


バゲット作りは色んな原因が絡み合って
失敗したときは自分で原因を見つけるのが
とても難しいです。

練習すると絶対に焼けるようになるのですが
原因が絡み合ってるだけなので
1つ改善するとある日突然
焼けるようになる!

というパターンもあったりします^^


少しお話しが脱線しますが。。。

私は以前システム開発の仕事をしていて
新規開発のお仕事もするし、
人が作ったシステムの障害を直す
保守のお仕事もしたりしておりました。

システムを作る時、開発時にはしっかりと
様々なテストを実施します
最近テレビでもこのテストをしてない企業が
沢山問題になってますものね。


そのテストを実施して運用を開始しても
ある程度時間が経つと
その中で必ず障害(バグ)が見つかってきます。

そしてこの障害を直すのが
保守のお仕事なのですが

自分が作ったプログラムではないので
人が作ったプログラムをひたすら読んで
原因を探っていきます。

そしてこの障害のパターンは
ほんとに色々あるのですが
大きく分けると。。。

◎明らかに障害の場所が特定できてるパターン。
機能の最初から原因をひも解いて行って
原因となる箇所が特定できる時


プログラムの中のどの部分で障害が
起きているからも検討がつかないパターン。

色んな要因があって始まりから探っても
どこに問題があるか特定できない時


この2つになりますかね?

今回は後者の『検討もつかないパターン』の
お話しになります。


とりあえずプログラム内の『どこに障害あるか?』
まず『あたり』を付ける所から
障害修正のお仕事が始まります。
これが遅いと悲しい残業ワールドです

そしてこの『あたり』の付け方なのですが
私がやっていた方法としては

大体のプログラムの機能を1つの塊として
長いプログラムを数か所に区切ります。

そして『結果の方から』少しずつ
その機能の塊をカットしていって
どこまでは正常に動いていて
どこからが想定外の結果となってしまったか?

と、障害発生箇所の
大きな『あたり』をつけます。

この大まかな場所が分かれば
あとは大きく絞られた機能を
重点的に調査すれば
原因が特定できるという分けです。

ちょっと訳が分かんないですかね?(笑)

結局言いたい事なのですが

複雑に原因が絡み合っている問題の
一番大きな原因を特定するには
結果からひも解いて行くのが一番早い!


という事です。
今回も完全に私自身の意見ですが。。。

始まりからひも解いて行って
解決する問題は
既にどこに問題があるか分かっているのと
同じ事ですものね。

じゃあそのポイントを直せばいいじゃん!
というお話しになります。

でも実際、『何が問題かわからない~』
という事も多々あります。

そんな時は結果からボトムアップして
探っていくのが一番の近道なのでは?
という事なのです。

このややこしいお話しで
今回のバゲットの失敗でどう探っていくかと
言うと。。。

恐らくバゲットの失敗原因として
大きな所で行くと

・生地がそもそもできていない
・成形でしっかりと生地がしめれない
・オーブン自体にパワーがない

※クープはへたっぴでも上の3つができれば
ある程度は開くと思います。


お家で独学でバゲットを焼いて
どうもうまく焼けないという方は、
どこに原因があるか検討を付けるのが
とても難しいです。

この3つが上手にできた時に
理想のクープが開くバゲットが焼けたとして
そもそもこの3つの正解がわからないと
やみくもにバゲットを焼いて
失敗して心が折れてしまうケースになります。
昔の私がそうでした。。(涙)

そんな時はまず

正解のパンが焼ける『パン教室』に行ってみる!

というのが最短ルートになるかと思います。
パン教室の宣伝ではありませんからね(笑)

要は先ほどのシステム開発のお話しの
結果からさかのぼって原因をさぐっていく
というお話しと同じ事です。

なので、まずはどこでも良いので
焼ける場所に行ってみてください。

それも、極力ご自身のお家の環境に近い
設備でパンを焼いているパン教室でないと
あまり意味がありません。
オーブンが業務用だったりすると
何が原因かが見つけにくくなります。


そしてここでまたまたポイントですが

生地は既に先生が仕込んだものを
1度成形さえてもらえるか?

というもの大きなポイントになります。

先生が仕込んだ生地で、
そのお教室で成形して、
そのお教室のオーブンで焼いて失敗したときは
成形時の『はらせ』が上手にできてなかった
という事が分かります。
という事でひたすら練習ですね^^

また、お家で上手に焼けなかった人が
お教室で上手に焼けた時
残るは『生地』か『オーブン』かが
原因として残る事になります。

まずは『生地』の強さを疑いたい所ですが
それを確認するには
お教室で先生が捏ねた生地を持ち帰って
お家で焼いてみるという事。

成形に問題がなくて
生地にも問題がなくて
持ち帰った生地をお家で焼いてみて
失敗したときは、オーブンの環境が悪いとい事を
疑ってみる事ができます。


こんな感じで絡みあった問題は
少しずつ分解してひも解いてみると
きっと原因がはっきりすると思います。

ル・タン・ピュールでも、
今回は皆さんにできる限り原因を特定して
もらいたいと思ってますので

生地の仕込みもリクエストがあればしますし
持ち帰り生地も、有料とはなりますが
ご用意さえてもらっております。
前半で持ち帰ってない方もご希望があれば
またお声がけくださいね。
少し調整してみます。


なんとなく『バゲット焼きたいなぁ~』でなく
ホントに来る日も来る日も練習して
失敗して落ち込んでる方って
いらっしゃるかと思うのです。

そんな方の力になれると
私もとっても嬉しいのです!

私も昔は何が正解分からず
酷いパンを焼いてましたもの!
今もまだまだ勉強中ですが。。。
11月レッスン告知のフランスパンの写真
今見ると結構恥かしいのですよね(._.)


今回いらした生徒さまもそうですが
今回レッスンを受けられて事で
いろんな要素の中で、『成形』ができてない
という事が分かったり。


やみくもに練習するのではなく
まず『何が原因で失敗しているか』を
探っていくのが上達の最短ルートになるのでは?


というお話しを
今回はかかせていただきました。
私は半分やみくもにやりましたけどね(笑)

こいうお話しほんとに長くなりますね(;'∀')
レッスンはカタイ雰囲気では
行ってませんのでご安心くださいね~


最後まで最後までお付き合いを
ありがとうございました。


b0327153_16293599.jpg

みなさまのお越しをお待ちしております♪
(柔らかい雰囲気を出してみました。。。笑)



ランキング参加しております!
よろしければクリックで応援よろしく
お願いいたします♪

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへにほんブログ村 料理ブログ パン教室へ


∴ 今月のレッスン

只今レッスン募集中です♪

↓↓↓



∴ 来月のレッスン

クリスマスレッスンも募集中です♪

↓↓↓



皆様のお越しを心よりお待ちしております♪

料理教室検索クスパ

by hurebullhana | 2017-11-24 16:41 |  パン作りのヒント | Comments(0)

只今パン教室はお休み中です。40代・等身大な日常をお届けします♪


by akiko